孤食は死亡リスクを高める

先日、東京医科歯科大の行った研究として、一人で食事をする高齢者の死亡リスクについての調査結果が発表さえました。これは65歳以上の高齢男性3万3100人を対象として3年間追跡したものです。(3年というのは経過を見る年数としては十分なのでしょうか?ちょっと短い気もしますが)

一人暮らしで食事も一人でする男性の死亡リスクは、家族などと食事をする人の1.2倍なのだそうです。しかしもっと驚いたことには、家族と同居しながら一人で食事をする男性の死亡リスクは1.5倍なのだそうです。一人暮らしの場合は一人で食事をするというのは特別なことではありません。ずっと独身という方ならそれが普通ということもあるでしょう。でもきっと食事内容の偏りがあったり、時間の不規則があることと思います。

けれども家族がいながら一緒に食事をすることができないというのは、家族との関係がうまく行っていないということです。そこに大きなストレスがあるのでしょうね。いわゆる家庭内離婚の状態なのでしょうか。あるいはお嫁さんとどうしてもうまくいかず、息子一家と同居しながらも食事を作ってもらえずスーパーで買ったおかずで暮らしている患者さんもいました。やはりその方の健康状態は思わしくなく、友人もなく閉じこもりがちで、脳梗塞を発症されて亡くなりました。相手の気持ちを思いやったり人間関係を上手に作っていくのが苦手、自分の気持ちを表現するのも苦手そんな方が、もっとも親しいはずの家族の中で孤独になってしまうのですね。

別の研究では、一人暮らしで孤食の男性はうつのリスクが2.7倍ということでした。(東京大学が行った日本老年学的研究評価)食事が楽しくできないのはやっぱり辛いことなのですね。

今『子ども食堂』が全国的に広がりを見せていますが、このような孤独なお年寄りが気楽に食べに来られる食堂があるといいのかもしれませんね。

— posted by なん(管理にゃん) at 09:40 pm  

この記事に対するコメントはありません

<< 2017.3 >>
SMTWTFS
   1234
5 67891011
12 131415161718
19 202122232425
26 2728 293031 
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0098 sec.
blogBar