メタボ対策:夏の運動

毎日暑い日が続いています。こんな時はちょっと夕立が来たら涼しくなるのに、と思いますが、雨は偏って降ってばかりでうまくかないものですね。

最近我が家のメンバーに犬が加わって、毎朝散歩に行っています。保護犬を引き取ったので正確な年齢もわからないし、これまでどんな風に暮らしてきたのかもわかりません。ただ、フィラリア症に感染しているのと、テーブルの上に食べ物をうっかり出しっ放しにしておくと、誰もいなくなった途端にぱくっと食べてしまうので、厳しい暮らしをしていたのだと思います。名前はマヨ。保護されたときに付けてもらった名前です。夏場のシロクマのような毛色なので、マヨネーズのマヨかと思ったのですが、保護犬の名前をアから順番に付けていって、まの番だったと言うのが真相でした(迷い犬の『まよ』と思う人も。

ともかく、その日は休日ということでいつもよりちょっと寝坊してしまい、散歩が8時頃になってしまいました。夏場の8時というと、もう太陽はじりじりと照りつけていて、まだ地面はさほど熱くはないですが、いかにも日焼けしそうな強い日差しで、私たちもそそくさと家路を急いでいました。そこへ、向こうからショートパンツにTシャツ姿で息を切らした男性が歩いてきます。近づいてみると50代後半ぐらいの方で、顔から胸からすごい汗をかき、お顔も真っ赤になっていました。たぶんいつもの?ランニングコースを走り終えて脇道に入り、自宅へ戻られる途中だったのだと思います。毎朝走っているのではなく、休日だけのランナーなのではないかしら、思ったより熱くてへばっておられる感じでした、飲み物も持たず手ぶらでしたし。こういうのは危ないですね。健康のためが逆に、大変なことになるかもしれません。脱水症、熱中症、脳梗塞や心筋梗塞。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。

と言うわけで、夏にも安心して行える有酸素運動として、プールで行う水中ウォーキングがおすすめです。イメージとして膝の悪い高齢者がする運動という気がしますが、中高年のメタボ対策にお勧めです。浮力があるので、膝や腰の悪い方に向いているのはもちろんですが、水の抵抗が全身にかかるため、それを押して歩くのはインナーマッスルも含めた全身運動になります。そして歩くスピードを変えることによって運動強度を変えることができます。体力に自信のある方はぐんぐんスピードをあげて歩いてみると、全身のかなりの力が必要なことがわかるのではないかと思います。熱中症の心配もないし、水圧がほどほどにかかることで静脈環流がふえて循環器系統にも良い影響があるようです。

ということで、運動も臨機応変、走るとなったらどんな条件でもひたすら走るというのはもう修行の領域。メタボ対策なら楽しく安全に体を動かしましょう。

mayo

皆様、マヨと申します。たぶん5歳ぐらいの女子です。香取郡でさまよっているところを保護されました。先住猫のなんちゃんには嫌われていますがめげずに頑張っています。

— posted by なん(管理にゃん) at 04:27 pm  

この記事に対するコメントはありません

<< 2017.7 >>
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
1617 1819202122
23242526272829
3031     
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0085 sec.
blogBar