[ カテゴリー » みんなの健康 ]

メタボ対策:夏の運動

毎日暑い日が続いています。こんな時はちょっと夕立が来たら涼しくなるのに、と思いますが、雨は偏って降ってばかりでうまくかないものですね。

最近我が家のメンバーに犬が加わって、毎朝散歩に行っています。保護犬を引き取ったので正確な年齢もわからないし、これまでどんな風に暮らしてきたのかもわかりません。ただ、フィラリア症に感染しているのと、テーブルの上に食べ物をうっかり出しっ放しにしておくと、誰もいなくなった途端にぱくっと食べてしまうので、厳しい暮らしをしていたのだと思います。名前はマヨ。保護されたときに付けてもらった名前です。夏場のシロクマのような毛色なので、マヨネーズのマヨかと思ったのですが、保護犬の名前をアから順番に付けていって、まの番だったと言うのが真相でした(迷い犬の『まよ』と思う人も。

ともかく、その日は休日ということでいつもよりちょっと寝坊してしまい、散歩が8時頃になってしまいました。夏場の8時というと、もう太陽はじりじりと照りつけていて、まだ地面はさほど熱くはないですが、いかにも日焼けしそうな強い日差しで、私たちもそそくさと家路を急いでいました。そこへ、向こうからショートパンツにTシャツ姿で息を切らした男性が歩いてきます。近づいてみると50代後半ぐらいの方で、顔から胸からすごい汗をかき、お顔も真っ赤になっていました。たぶんいつもの?ランニングコースを走り終えて脇道に入り、自宅へ戻られる途中だったのだと思います。毎朝走っているのではなく、休日だけのランナーなのではないかしら、思ったより熱くてへばっておられる感じでした、飲み物も持たず手ぶらでしたし。こういうのは危ないですね。健康のためが逆に、大変なことになるかもしれません。脱水症、熱中症、脳梗塞や心筋梗塞。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。

と言うわけで、夏にも安心して行える有酸素運動として、プールで行う水中ウォーキングがおすすめです。イメージとして膝の悪い高齢者がする運動という気がしますが、中高年のメタボ対策にお勧めです。浮力があるので、膝や腰の悪い方に向いているのはもちろんですが、水の抵抗が全身にかかるため、それを押して歩くのはインナーマッスルも含めた全身運動になります。そして歩くスピードを変えることによって運動強度を変えることができます。体力に自信のある方はぐんぐんスピードをあげて歩いてみると、全身のかなりの力が必要なことがわかるのではないかと思います。熱中症の心配もないし、水圧がほどほどにかかることで静脈環流がふえて循環器系統にも良い影響があるようです。

ということで、運動も臨機応変、走るとなったらどんな条件でもひたすら走るというのはもう修行の領域。メタボ対策なら楽しく安全に体を動かしましょう。

mayo

皆様、マヨと申します。たぶん5歳ぐらいの女子です。香取郡でさまよっているところを保護されました。先住猫のなんちゃんには嫌われていますがめげずに頑張っています。

— posted by なん(管理にゃん) at 04:27 pm  

孤食は死亡リスクを高める

先日、東京医科歯科大の行った研究として、一人で食事をする高齢者の死亡リスクについての調査結果が発表さえました。これは65歳以上の高齢男性3万3100人を対象として3年間追跡したものです。(3年というのは経過を見る年数としては十分なのでしょうか?ちょっと短い気もしますが)

一人暮らしで食事も一人でする男性の死亡リスクは、家族などと食事をする人の1.2倍なのだそうです。しかしもっと驚いたことには、家族と同居しながら一人で食事をする男性の死亡リスクは1.5倍なのだそうです。一人暮らしの場合は一人で食事をするというのは特別なことではありません。ずっと独身という方ならそれが普通ということもあるでしょう。でもきっと食事内容の偏りがあったり、時間の不規則があることと思います。

けれども家族がいながら一緒に食事をすることができないというのは、家族との関係がうまく行っていないということです。そこに大きなストレスがあるのでしょうね。いわゆる家庭内離婚の状態なのでしょうか。あるいはお嫁さんとどうしてもうまくいかず、息子一家と同居しながらも食事を作ってもらえずスーパーで買ったおかずで暮らしている患者さんもいました。やはりその方の健康状態は思わしくなく、友人もなく閉じこもりがちで、脳梗塞を発症されて亡くなりました。相手の気持ちを思いやったり人間関係を上手に作っていくのが苦手、自分の気持ちを表現するのも苦手そんな方が、もっとも親しいはずの家族の中で孤独になってしまうのですね。

別の研究では、一人暮らしで孤食の男性はうつのリスクが2.7倍ということでした。(東京大学が行った日本老年学的研究評価)食事が楽しくできないのはやっぱり辛いことなのですね。

今『子ども食堂』が全国的に広がりを見せていますが、このような孤独なお年寄りが気楽に食べに来られる食堂があるといいのかもしれませんね。

— posted by なん(管理にゃん) at 09:40 pm  

深刻な受動喫煙の害

たばこの害と言ってすぐに思いつくのは肺がんでしょうか、真黒になった肺の写真とともに、がんになりますよ、というキャンペーンが行われてきましたね。たばこを吸う方に禁煙を勧めると、自分はがんになっても構わない、覚悟の上だ、本望だなどど、おっしゃいます。しかし、たばこの怖さはもっと別のところにあるのです。

受動喫煙とは、本人はたばこを吸わなくても、周りにいる人のたばこの煙を吸わされてしまうことです。このための健康被害が、実は非常に大きいことがわかってきました。

先日厚労省の研究班が明らかにしたところでは、2010年の推計では受動喫煙がもとで亡くなった方は年間6800人とされていました。これは交通事故で1年間に亡くなる方とほぼ同じ人数です。ところが、さらに脳卒中と受動喫煙との関係が明らかになったことから、脳卒中による死亡の約8000人が上積みされ、受動喫煙による死亡者は年間1万5千人となりました。

受動喫煙による死亡の原因は、これまで肺がん、心筋梗塞などの虚血性心疾患、さらに、乳児突然死症候群(SIDS)が挙げられていましたが、それに脳卒中が加わりました。その他亡くならないまでも気管支ぜんそくや肺気腫などのいわゆる慢性閉そく性肺疾患(COPD)も罹患するととてもつらい病気です。

吸っている本人は覚悟のうえかもしれませんが、大事な家族、奥さんや子供たちの命を脅かしてまで吸う権利があるのかどうか、よく考えてみた方がいいようですね。

呼吸器内科医のA先生が、『気管支鏡検査を行っていると、本人は喫煙していないはずなのに肺が黒く汚れてしまっている人がときどきいます。きいてみるとご主人がヘビースモーカーで。ほんとにかわいそうです・・』と言っていました。

IMG2227

人間は不思議だニャー、体に悪い煙をわざわざ吸うにゃんて。ペットの健康被害もきっとあるにゃ・・

— posted by なん(管理にゃん) at 01:28 pm  

妊婦さんのタバコで赤ちゃんの将来に悪影響

タバコをすっている本人やそばにいる家族について、タバコがどんな悪影響を与えるかさんざん言われてきました。成人男性の喫煙率は年々減っていますが、若い女性の喫煙はあまり減っていません。(JTの喫煙者率のグラフを見ると、一番若い年齢層では減ってきているようで、それはうれしいことですが)

NONALNUM-A4BFA4D0A4B3

だんだん減ってきているのはいいことですが、まだまだ喫煙者は1500万人いるそうです。

若いころはあまり自分の健康については気にしません。エネルギーにあふれていて、病気なんて実感がわきません。しかし、妊婦さんともなればおなかの赤ちゃんのことが気になるはず。妊娠中の自分の行動で赤ちゃんの将来の健康が損なわれるとしたら…気になりますね。

肥満者が増える一方の日本人男性に比べ、女性はむしろスリムになっています。若い女性のやせ願望が行き過ぎているのがむしろ問題となっていて、そんなやせた妊婦さんから生まれる低体重の赤ちゃんは、大人になったとき、肥満、メタボ体質になりやすいことがわかっています。

さらに妊娠中にタバコをすい続けた母親から生まれた赤ちゃんはすわない母親から生まれた赤ちゃんに比べ平均で100g体重が少ないことがわかりました。妊娠中の喫煙がおなかの赤ちゃんへの酸素や栄養の供給を減らしてしまい、赤ちゃんの成長を邪魔しているというのです。

こうして胎児のときに十分な栄養が与えられず小さく生まれた赤ちゃんは遺伝子の働き方が省エネタイプの倹約型となって生まれてくるため、大人になって普通に栄養が取れるようになると太ってしまい、メタボリックシンドローム、糖尿病や心臓病のリスクが高まります。妊婦さんはぜったい禁煙しなくてはいけませんね。

以前は妊婦さんは太ってはだめと厳しく言われていましたが、最近では妊娠中の望ましい体重増加として、痩せ型の人は9〜12kg、普通の体型の人は7〜12kgとされているそうです。

IMG2223

— posted by なん(管理にゃん) at 09:11 pm  

タバコの値段は妥当か?

先日から小象の会では、改めて、たばこ規制の問題についてのディスカッションが行われています。愛煙家の皆さんは、さまざまなタバコの害を知りながらなかなかやめられないので、もっと値上げをしたらよいのではという内田理事の提案もありました。(1箱1000円にしてはどうか、と)

今朝のTBSラジオで、タバコによる経済的損失の話をしていました。それによるとタバコの健康被害による医療費や仕事を休まなくてはならなくなるなどにかかる費用、損失を計算すると約5兆6千億円になるのだそうです。一方、たばこ税による収入は2兆8千億円で差し引き2兆8千億円の赤字です。タバコの売り上げはは年に3000億本なので、1本あたりあと10円余分に支払っていただくと、とんとんになる計算だそうです。1箱20本ですから200円の上乗せです。今、セブンスターというタバコが1箱460円だそうなので、上乗せすると660円になりますね。どうでしょうか?もしその値段になったらやめる人も出てくるでしょうか?少なくとも中学、高校生が気軽に買えない値段にして新しい喫煙者を出さないようにできるといいですね。

IMG2244

ずいぶん春めいてきたにゃ。

— posted by なん(管理にゃん) at 11:23 pm  

<< 2018.11 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0324 sec.
blogBar