[ カテゴリー » 日 記,猫も好き ]

犬派はびっくり猫との暮らし

このブログを前の管理犬まりんから引き継いだ、現管理にゃんのなんちゃん。前の飼い主さんが都合で飼えなくなって、2歳のときにもらわれてきたのでした。その記念日が5月3日。つまりちょうど1年たちました。来たばかりはカーテンの陰に隠れていて、夜になったら悲しそうに ないていたなんちゃんも、いまではすっかりうちの子になりました。今ではずいぶん慣れたけど、これまで犬と暮らしてきた犬派としては、最初はびっくりすることばかりでした。

CIMG5324

2015年5月3日にもらわれてきた、なんちゃん

猫と暮らしてびっくりしたこと

★猫は3次元の動物である

犬と暮らしていたときは、触られたくないもの、食べられたくないものは高いところに置いておけばOKでした。でも最初に猫のジャンプを見てびっくり。それはそれはひらりとどこにでも、音もなく飛び乗ってしまうのです。しかも、飛び上がった先に細々したものが置いてあっても、小さな足先を上手にその間において、ひとつも落としたり踏んづけたりせずふんわり着地。吹き抜けの高い手すりのうえにも迷わず着地。(落っこちたらどうするのと見ているほうは真っ青) 犬と違って猫は空間を3次元に使うのね。猫ってすごい運動能力!、動体視力!、とほんとに感心しました。

IMG1290

ふと見ると、カーテンレールの上をさっさと進む

IMG1016

吹き抜けの手すりの上にもひらりと飛び乗る。落ちたらどうするのっ!!

IMG1048

IMG1292

どこにも姿が見えず机の下や隣の部屋を探していたら・・・犬には絶対無理なポジション

— posted by なん(管理にゃん) at 11:09 pm  

この記事に対するコメントはありません

<< 2018.11 >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0228 sec.
blogBar