夏の入浴

暑くなりましたね。汗の季節は脱水症に気をつけたいものです。特にお年よりは、もともとからだの水分量が少なく、調節も若い人に比べて下手になっているので、脱水になりやすく、また重症になりやすいので要注意です。糖尿病で血糖が高い方、血圧の薬を飲んでいる方など、更に更に注意が必要です。

脱水症、熱中症というと、かんかん照りの屋外を思いうかべてしまいますが、お風呂でも気をつけないと熱中症の状態になるそうです。確かに想像できますよね。あまり長湯はいけないでしょうね。ぬるめのお風呂にほどほどに入り、水分の補給を必ずしましょう。半身浴もよいようです。

また、ときどき、入浴中に倒れてしまったという話を聞きますが、東京老人総合研究所の高橋先生の調査では、入浴中の血圧の変動は、まず上昇し、湯船に浸かっていると入浴前の基準より下がってきて、立ち上がるときに更にぐっと低下。浴室から出ると、再び上昇します。

このとき、熱ーいお湯にガマンして入り、限界が来たので急に湯船から立ち上がり、暑いのでクーラーを聞かせてぐっと冷えた脱衣場に出たとすると、血圧は急上昇し、一気に低下し、ぐんと再上昇、ということになります。もっとも危険な入浴法ですね、これが。

ことに、日頃高血圧の方は、もともと血圧調節が下手な方ですから、その上、降圧剤も飲んでいるので、起立性低血圧を起こしやすく、失神してしまうこともあります。

また、食事のすぐあとなどは、眠くなりやすく、また血圧も下がりやすく、入浴中に溺れてしまうこともあります。お年よりは特に、家族の起きている時間に一声かけて入るように。一人暮らしの方も、あまり遅くならない時間に入浴する方がいいですね。

高齢者の入浴に仕方については東京都老人総合研究所のHPをご覧ください。http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/j_topics/topics_184_1.htmlLink

P1040869

机の下に潜む犬・・・頭隠して尻隠さず

P1040871

えっ見つかった?お風呂はいや。嫌いデス。

— posted by なん(管理にゃん) at 11:02 pm  

この記事に対するコメントはありません

<< 2008.7 >>
SMTWTFS
  12 345
67 891011 12
1314 151617 1819
2021 2223 242526
27 2829 3031  
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0133 sec.
blogBar